本文へ移動

サイディング(外壁)についての知識

サイディング

外壁は風雨や紫外線、雪、騒音などから皆様の生活、家を守ると共に、家の寿命にも関わる重要な建材です。選ぶ際には、耐候性や耐水性、断熱性、耐久性、遮音性、耐火性、メンテナンス性などの性能のチェックが大切です。
また、色彩やデザイン、テクスチャーによって、外観の印象を左右します。
『外壁材』といっても、多種多様です。

外観デザインのチェック

外壁材は、3つの調和を考えながら選ぶ事をお勧めします。 ■周辺環境との調和 近隣建物の外壁の色や、周辺に育つ樹木や土の色を頭に浮かべ、環境として考えた場合に違和感のない 外壁の色調を選ぶ事が重要です。 ■外観デザインの調和 最初に外観イメージと好みの様式を決めて、それに沿って屋根の形状や窓の構成、屋根・外壁材、色調を 決めていくと、まとまりのある外観になります。 ■色彩の調和 外壁に2色以上の色を使う場合は、特に注意が必要です。組み合わせ方としては、同系色調和・類似色調和・ 同一トーン調和・補色調和などが考えられます。 ・同系色 同じ色相で、明度や彩度が違う色。 ・類似色 色相、明度、彩度が近い色。(例:色相環で近い黄色と橙色など) ・同一トーン 明度や彩度は同じで、色相が違う色。 ・補色 黄色と紫色や、赤色と青緑色のように、色相環の反対色。

外壁の工法と種類

外壁材の工法は『乾式工法』と『湿式工法』の2つに分けられます。
 
■乾式工法
釘やネジ、ボルトなどで取り付けます。湿式工法に比べ、工期が短く施工性が高いのが特徴です。
 
■湿式工法
左官工事やコンクリートを用いるなど水分を使う工法です。味わいのある仕上がりになります。
有限会社日比総建
〒503-0941
岐阜県大垣市川口3-636-1
TEL.0584-89-2619
FAX.0584-89-2649
TOPへ戻る